最速のアレは風俗で
フリースペース
サイトマップ
 >  > キャバクラで働くのはセンスが必要

キャバクラで働くのはセンスが必要

キャバクラは主要な大規模都市には必ずあります。小さな市町村レベルの地域ではお店自体が存在しないことも当然あるでしょう。しかし、東京・大阪・名古屋・福岡・北海道といった人口の多い都道府県では必ず数多くのキャバクラ店舗が軒を連ねています。多くの店舗が存在していると、お店ごとの質が見えてきます。ですが、お店が綺麗だとかシステムや料金の違いで質ということではないのです。一番重要なことは、お店の質・クオリティーを左右するキャストの存在なのです。キャバクラはお店に対してお客さんが着くというようなイメージではなく、キャストに対して贔屓にしてくれるお客さんが付くといっても過言ではないでしょう。ですので、キャスト従業員の働きぶり次第では、非常に売り上げを左右しかねないのです。キャストのレベルで考えると東京都に点在するお店はレベルが高いと感じさせられるでしょう。これは単純に競合店舗も多く、ノリや勢いだけではなく総合的に女性の接客能力や魅力によって良し悪しが別れやすいからだと考えられます。つまり、容姿・接客態度・性格・人気などの全ての要素がトップレベルだと考えられます。それだけ東京都のキャバクラのレベルは高まっていることでしょう。しかし、お客の視点から考えると飲み物の味や料金等が大切なのではありません。つまり、最終的には会話をするキャストの中身が最も重要であると考えてしまうことが必然でしょう。すると、地域によって差が出てくることでしょう。例えば、沖縄のキャバクラにいる女性は地域特有ののんびりとした会話を楽しめて性格も温厚なイメージがあります。出勤も遅刻したりお店が開店する時間も遅かったりするかもしれません。このような特色が必ず出るものです。そこで最もキャバクラで楽しめそうな地域としては関西の大阪地域になるのではないかと考えられます。キャバクラで最も重要な会話の部分では一番実力がある地域になってくると考えられるためです。容姿は多少劣ったとしても、底抜けに明るい性格と笑いを生み出す会話テクニックを在籍キャスト全てが持ち合わせているのではないかと考えられるほどです。お客さんへのツッコミなどのボディタッチなども多そうです。大阪の人となると勢いがありすぎて怖い場面もあるかもしれませんね。キャストによっても接し方は変わりますが、こういった人柄の違いが地域には出てくるでしょう。ですが、根本的にはキャスト自身に依存するものですので、大阪のお店がというものではなく、大阪出身のような明るい性格の女性が適正であると考えられます。キャバクラ店も求人をする場面から働きたいと考えている女性自身を見極めていく必要もあるのではないでしょうか。

[ 2014-07-03 ]

カテゴリ: キャバクラ体験談

京橋・西中島・十三のキャバクラ求人・高収入アルバイト【COME TRUE】