最速のアレは風俗で
フリースペース
サイトマップ
 >  > 出稼ぎ専門の風俗店と地元の風俗店のどちらが良いのか比較してみた

出稼ぎ専門の風俗店と地元の風俗店のどちらが良いのか比較してみた

お金を稼ぐ上での手段としてはまずは働くことです。どこの国に行っても「働く=報酬」は変わらず、自分の時間を浪費して対価を得るのはもはや常識と言うまでもなく、誰もが当たり前にそう思っていることでしょう。「働かざるもの食うべからず」という言葉があるように、古来より働くことは自身の生活を豊かにするもの以外何ものでもないのです。これはどんなお仕事をしていても同じです。役職などによってその労力に差が出てしまいますが根本は同じなのです。風俗店でも同じです。働けばお金がもらえて生活が出来る。生活費を差し引いて余るお金は自分の好きなように使えばいいし、蓄えにしてもいいかも知れません。人それぞれですが、人間はこの社会に生き残る為に働いているのです。と、まぁ大それた事を言ってまいりましたが、今回は出稼ぎ専門の風俗店と地元の風俗店のどちらが良いのか比較してみた結果を綴っていこうと思うのでこれから本題に入ります。ちなみに出稼ぎ2000年初頭では都内よりも四国・高知が一番出稼ぎが流行っていたそうです。豆知識でした。出稼ぎ専門の風俗店と地元の風俗店の比較ですが、どちらも大きなメリットとデメリットがあります。ではまず最初に出稼ぎ専門の風俗店でメリットとデメリットを考えてみましょう。メリットとしては身バレの防止や観光地を巡るきっかけ、知らない土地で気分的にリフレッシュ等があると思います。元々風俗店に勤めていた方であれば、出稼ぎ先の風俗店にとっては新人扱いされるので注目度も上がり、安定してお金を稼ぐことが出来ます。今まで働いていた風俗店で古株になってしまうとどうしても新人で埋もれてしまうので、自身のターンオーバーも出来るので風俗嬢にとって好まれているかもしれません。また最近で出稼ぎで求人募集している風俗店は待遇面もかなり良いようです。日給最低保障制度や交通費支給や入寮の際のお金が一切かからないなどかなり充実した内容になっています。これをみるとかなり手厚く歓迎されているなと感じますよね。どこの企業も働き手が不足している中、風俗店もこの影響をモロに受けているので1人でもキャストがほしいという風俗店の努力が合間見えます。出稼ぎ専門の風俗店のデメリットとしては現地に向かうまでが億劫、知らない土地で助けてくれる人が近くにいない状況になる、出稼ぎに行くまでの準備が大変等、自分の身の回りの事や知らない場所に1人で行くのですから精神面でも苦労をします。デメリットに関してはほぼ精神論になってしまいますが、この怠けた気持ちに勝つのが実は非常に大変なのです。出かける予定をしていても実際当日になるとダルいだの面倒くさいなどで行かない日もあったと思います。そんな感じです。それに勝つには結構大変なのです。でも、考えてみればデメリットはそれだけ。なんてことないんです。気持ちに勝てば。どうしても働かなくてはいけない状況になっていればそんな事は言ってられないのでデメリットにも思わないかもしれないですが、なんとなく働いてみようと思っている方からするとこのデメリットは大きくなってしまいます。ですので出稼ぎ専門の風俗店に勤務する前に目標をしっかりと立てていくことをお勧めします。地元の風俗店のメリット・デメリットに関しては次回更新します!

[ 2014-06-16 ]

カテゴリ: デリヘル体験談

風俗・デリヘル 出稼ぎでお悩みの女の子が読む四国/高知の求人情報